--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-18(Tue)

inferno-T SK A攻め

inferno A 攻めを動画化しました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13339744

今回のA攻めはCATを中心にした作戦です。T字からは砂場FBだけで侵入せずに、窓部屋+CATのみで攻めていますね。
catからのSGとT字から侵入しないことにより連通のCTを完全に締め出すことに成功しています。

catから攻める上でのメリットとデメリット(あくまで私の考えです。)

■メリット
まずT字を取って、そこから次は砂場を気にしつつボムサイトを取るという手順をはぶけ、出てしまえば砂場を即取ることができる。
つまり、即効性のある攻めができる。

■デメリット
通路が狭いため、まとめてやられてしまう危険性が高い。(味方のCTにFBを投げさせて覗かれると非常につらいです。)
出口が一つであり、出る際のクリアリングポイントが多い。(図書館や小砂場からのawp、ボムサイトの箱上、砂場等)


今回の動画では最初に決め打ちやHEでCATを見ているCTをベランダまで下げさせて、下がったタイミングでベランダで見ているCTに対しての手前FBを味方に投げさせることにより、まとめてやられる危険性を下げています。
FB(砂場、Aポイントの一部対策)とSG(小砂場、図書館対策)を投げて、出口からすぐに砂場に降りられるようにして2つ目に挙げたデメリットを小さくしています。
3人目はすぐに砂場に降りずに、上からボムサイトをクリアリングすることによって、ショートからと上から十字砲火することができるようにしています。

動画の意図とは、ずれますが個人的にはCTのDiodelの立ち回りが参考になりました。cat出口で潰すのが間に合わない場合は砂場にFBをいれれば良いんですね。

■動画について
今回から動画の解像度を16:9に変更しました。
広告、名前、スコア表示を消すことで画面が広く見えるようにしました。
あと、動画の尺が長くなりすぎました。次からは編集するようにします。
2011-01-07(Fri)

nuke-T ESAHARA A Rush

nuke A Rushを動画にしました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13238688

今回はファーストラウンドをとられた2ラウンド目(持ち金$1500+α)をDEと投げものを買って勝負ラウンドにしています。CT側A配置の3人すべてがM4を買っていたので、ラッシュ止めの投げものがHE2個だけしか買えなかったのも、大きかったかなと思います。
nukeのAはドアは開けないといけないですし、コンテナはCTのほうが先に見えますし、T側はCT側に置きAIMされていると非常に殺されやすいMAPです。ですので、やはり投げものを使って相手をブラインド状態にするor相手がFBを避けている間に侵入しないと厳しいです。
今回の動画では、コンテナは最速でタワー、1、4とエンカウントして注意をひきつけて、シャッターとドアメインで攻める形だったと思います。シャッターとドア側で挟めているので、タワー側さえおさえれば侵入できる作戦だと思いました。⑤のFBがいい仕事をしてましたね。
2010-12-31(Fri)

inferno-T mouz デルタ取り返し

infernoデルタの取り返しを動画化しました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13178985


infernoはCT側が非常に前に詰めやすいMAPであり、力の差がある程度あるとT側が攻め込むことさえできない状態になることが多々あると思います。
特にT側はデルタをCTに取られてしまうと、Bポイント(CSOではAポイント)には行けませんし、センターT字も使えないので、選択肢がcatか窓部屋しかなくなってしまいます。この状態になってしまうとラウンドを取ることが困難です。
ですので、この動画のようにデルタに裏センターからFBを入れて、取り返します。
取り返しの際、クリアリングポイントが多すぎるので、必ず裏センターからFBを入れるようにしてください。
2010-12-30(Thu)

dust2-T forZe Cat Rush

動画にしました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13170916

ダスト2のcat rushはFBをとにかく、くらわないようにしてポイントまで詰め、そこから相手を倒すことが重要だと私は思います。
ショートで止まってしまうとスロープ(A坂)のCTは非常に戦いやすいですし、カバーのCTがすぐに来るので潰されてしまいます。
それを防ぐためにスロープへのFBが重要になります。スロープへのFBはスロープにいるCT+ロングからのカバーも潰せます。
このFBは必ず投げたほうがいいです。余裕があればスロープへのHEやCTベースへのFBも投げられると◎です。
ダスト2のAポイントはBポイントに比べ有効なFBが多いので、2番目3番目に入る人が投げてあげましょう。


色々と書きましたが、つまりは、止まらず相手のカバーをFBでうまくつぶせば、5対2や5対1の非常に有利な状況で戦えるということです。
2010-11-13(Sat)

solo B cover

動画化する必要もなかったかな?とも思いましたが、うまいなーと思ったので。
wmfがよく使ってる作戦なのですぐに対応できたのかな。
よくつかわれる作戦には、アンチの動きをあらかじめ用意しておくことが大切だと改めて思いました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12732439
ゲーミングマウス
カテゴリ
オススメ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。